さいたま市の社労士「吉田社会保険労務士事務所」

サイトマップ | お問合せ

トピックス

トップページ > トピックス > トピックス > H21国民医療費は約36兆円:3年連続過去最高

H21国民医療費は約36兆円:3年連続過去最高

平成21年度の国民医療費は、前年比3.4%増の36兆67億円、3年連続で
過去最高を更新しました。


平成23年9月29日に厚生労働省が取りまとめて公表した「平成21年度国民
医療費の概況」によると、平成21年度の国民医療費は次の状況でした。

 ① 平成21年度の国民医療費は36兆67億円
     (前年度に比べ1兆1983億円、3.4%の増加)

 ② 人口一人当たりの国民医療費は28万2400円
     (前年度に比べ3.6%増加)

 ③ 国民医療費の国内総生産(GDP)に対する比率は7.60%
     (前年度は7.07%)
    国民所得(NI)に対する比率は10.61%
     (前年度は9.89%)
 
 
平成21年度の国民医療費を制度区分別にみると、次の状況でした。

 ① 医療保険等給付分は17兆3368億円 (構成割合48.1%)
     (対前年度増減率は2.3%増)

 ② 後期高齢者医療給付分は11兆307億円 (構成割合30.6%)
     (対前年度増減率は5.8%増)

 ③ 公費負担医療給付分は2兆4601億円 (構成割合6.8%)
     (対前年度増減率は5.5%増)


なお、患者負担分は4兆9928億円 (構成割合13.9%)でした。
 (対前年度増減率は1.6%増)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.unso-sr.com/mt/mt-tb.cgi/1241

コメントする